フォトアルバム

最近のトラックバック

リンク

Powered by Six Apart

« 電気自動車とスマートグリッド | メイン | マイクロソフトのスマートグリッド »

2009年6月25日 (木)

ドコモで自動検針

090624docomo_184x138

NTTドコモ、自販機などに組み込める通信モジュールの新製品を発売

ドコモが新しいFOMAモジュールを発売します。以前のものと同様、動画など大容量データの伝送用途は想定していないため、上り64kbps、下り384kbpsと、一昔前の技術のままで、2G網の廃止に向けたDoPaのエミュレーション機能などを追加しています。

今後、自動検針など各種端末、機器のデータ通信ニーズは増えていくことは確実です。その土管として、小電力無線、光ファイバなどのインフラ構築型、NTTのブロードバンド回線、WiMAXなどの定額キャリア型の提案はよく見ますが、携帯のネットワークを利用するものは少ないように感じます。(ちなみにDoPaモジュールは2008年末で669,000台が稼働中)

携帯のアドバンテージは、圧倒的なエリアの広さです。料金を他の定額で提供するものより、低く抑えることができれば、有効なインフラになると思われます。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/433591/20355313

ドコモで自動検針を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。