フォトアルバム

最近のトラックバック

リンク

他のアカウント

GREE mixi
Powered by Six Apart

« 2009年8月 | メイン | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

ブロードバンドはモバイルへ

03

ケイ・オプティコム、モバイルブロードバンドサービス「eoモバイル」を2010年3月よりスタート

ケイ・オプティコムが、公衆無線LANサービスを開始します。

3万局で、どの程度のエリアなのかわかりませんが、+315円なので、気軽に使えそうです。ロードマップを見ると、WiMAX、LTE、端末提供など、今後、モバイルに力を入れていくようです。これからは、固定だけでは難しいのでしょう。


2009年9月29日 (火)

ROMES06   五條 瑛

418fcamfuyl_sl500_aa240_

空港のセキュリティシステムを題材にしたミステリーです。

舞台設定は良いです。最先端の空港と最先端のシステムの組み合わせりは読んでいて飽きません。ただ、犯人たちの動機が弱いかと・・・。次回作では、ROMESも完成に近づいているでしょうし、次回以降につなげるための壮大なプロローグと思っても良いのかもしれません。

NHKがどのようにドラマとして料理するかも楽しみです。

2009年9月28日 (月)

著作権という魔物  岩戸 佐智夫

41dr49kiljl_sl500_aa240_

アスキーに連載された著作権に関する多方面の人たちへのインタビューをまとめたものです。1年前の本ですが、現状もほぼ同じです。

ほとんどの人たちは、インターネットを迎え、なにか変えるべきだとは思ってはいます。ただ、どうすればいいのかがわからない、自分だけは損したくない、といった状況にあることがよくわかります。

2009年9月27日 (日)

孤高のメス〈第1巻〉大鐘 稔彦

51rxilzqkzl_sl500_aa240_

スーパードクターを描いた小説です。

ハードカバーでは上下刊のものを、全6巻にしているためか、1巻ではまだまだ導入部です。テレビの医療ものと違い、専門的な描写が難しいですが、面白いです。あと5巻、どんな展開になるのか楽しみです。

来年には、堤真一主演で映画が公開されます。こちらも楽しみです。


2009年9月26日 (土)

セカイカメラ

080926_sekai_184x138

「セカイカメラ」が生まれた場所--頓智ドットのリノベーションオフィスを訪問

セカイカメラ、好スタートです。

でも、iPhoneを持ってないとわかりません。おもしろそうですが、iPhone持ってないので・・・。

2009年9月25日 (金)

ホンダの自動一輪車

090925_honda184x138

ホンダ、自動一輪車を開発--ASIMOのバランス制御技術を応用

一輪車ですが、転びません。

ロボットの姿勢制御技術がこんなところに活用できます。誰がどんなシチュエーションで利用するのかはわかりませんが、面白いです。セグウェイみたいに使えるよう、デザインから見直すと良いかもしれません。

2009年9月24日 (木)

WILLCOMあれこれ

070613fd_openwireless_184x1381

上下最大20Mbpsの「WILLCOM CORE XGP」、10月1日開始

ウィルコムがXGPサービスを開始します。WiMAXに負けないためには、早くサービスを展開しなければなりません。これから、がんばってほしいものですが、こんなニュースも・・・

ウィルコム、事業再建に向け返済延期要請へ--事業再生ADRの手続き開始

今のところ黒字ですが、契約者は減っており、予断を許さない感じがします。

同期  今野 敏

51jzg0vwibl_sl500_aa240_

本作は、若い刑事の成長を描いた刑事小説です。

主人公が悩みながらも成長して行く過程は面白く読めます。さすが今野敏です。ただ、少し展開が都合が良すぎる感がありますが、本なのでこんなもんでしょう。ここまで短時間で成長できれば凄いです、こんな人になれれば凄いです。


2009年9月23日 (水)

聖女の救済   東野 圭吾

41tnts2kyl_bo2204203200_pisitbstick

東野圭吾らしい面白いミステリーです。

犯人の心情、過去など、徐々に真実が明らかになって行き、最後に驚くべきトリックが明かされます。でも、このトリックはありえないです。どれだけ仕掛ければ可能かの実証もなく、誰が触るかもわからず、ちょっと無理があります。

博士の愛した数式

51fj9jd2h2l_sl500_aa240_

本が面白かったので、映画も観ました。

本と同様に、静かな日々の生活を静かに描いています。深津絵里、寺尾聡の演技も見応えがあります。数学的な話は少ないのですが、本とは違う解釈もあり、本と合わせて観ることでもっと楽しめるかと思います。