フォトアルバム

最近のトラックバック

リンク

Powered by Six Apart

« 2009年11月 | メイン | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月21日 (月)

音楽はクラウド?

120409_apple_lala

アップルのLala買収で「iTunes」が向かう先--Lala創設者の役割とは

Appleが音楽サービスを提供している「Lala」を買収します。

Googleと入札していたためか、落札は、8500万ドルという巨額になったと報じられています。Lalaの買収により、iTunesの配信形態が大きく変わるのではないかと予想されます。現在の音楽配信はPCへのダウンロード販売ですが、今後、ストリーミングになる可能性が考えられます。

ストリーミングでは、購入した音楽(ハードディスク)の管理が不要となり、インターネットに接続する環境さえあれば、いつでも自分のライブラリを楽しむことができます。ポータブルデバイスへの転送も、PCを選ばず可能です。接続環境が整備されれば、ポータブルデバイスへの保存も不要になるかもしれません。クラウドに保存された音楽の利用状況を分析して、より高度なマーケティングも可能になります。

このまま、ほとんどのサービスがクラウドになっていくのでしょうか・・・

MITの自転車

Copenhagen_wheel_rider

MIT、新型の自転車用車輪「Copenhagen Wheel」を発表--自転車利用をスマートに

MIT(マサチューセッツ工科大学)が自転車の車輪を開発しました。

ハイブリッド自動車のように、制動時のエネルギーをバッテリーに蓄積し、加速時に利用するもので、快適なライディングを実現するものです。これにより、自転車に乗る機械が増え、ひいては環境負荷の低減につながることが目的です。車輪だけを既存の自転車にも取り付け可能で、価格は、500-1000ドルです。

タイヤのサイズが合えば、既存の自転車にも取り付け可能なところがポイントです。充電の必要もなく、価格がもう少し安くなれば、普及しそうに思います。自分の自転車にも装着してみたいです。

2009年12月20日 (日)

WiGig = Wireless Gigabit

Wigig_logo_184x138

WiGig Alliance、新ワイヤレス規格の策定を完了

60GHz帯を利用して、7Gbpsの伝送が可能になります。

Intel、Dell、NEC、東芝、Microsoftなど大手企業が参加していることから実用化の可能性はかなり高いと思います。高いビットレートを活用して、TVとホームサーバー、PC、ゲームマシンなど映像系の高いレートが必要なコンテンツをワイヤレスで楽しめることになります。

高い周波数帯域を利用するため、部屋の中など限られた場所での利用になるのが課題です、しかし、Wi-Fiのように安価でほとんどの機器に実装されるようになると電源以外の配線が不要となり、自由度が増すため、いろんな可能性が広がりそうです。

2009年12月19日 (土)

光の需要は増加中

091211kddi_network

KDDI、グーグルらと共に日本〜シンガポール間の光海底ケーブルを建設へ

日米間の光ケーブル「Unity」を建設中のGoogleとKDDI、今度はアジアのケーブル「SJC」の建設です。

日本とシンガポール、香港、フィリピン、インドネシアを接続する、設計容量23Tbps、総延長8300kmのものです。2社以外にもアジアの通信事業者が建設に参加しており、まだまだ、アジアのトラフィック需要は衰えを知らないといったところでしょうか。

計画では日本がハブになるとなってますが、実際は中抜けになる可能性もあるかと。。。

2009年12月18日 (金)

燃料電池のスマートハウス

1

大阪ガスと積水ハウス、太陽電池/燃料電池/蓄電池を組み合わせた「スマートハウス」の実証実験

ガス会社もスマートグリッドです。

現在、提供している燃料電池、太陽電池に蓄電池を組み合わせ、家庭内でクローズした電力供給、熱供給を行います。蓄電池を付加することで、昼間の余剰電力を貯めることができるため、機器故障時以外は電力会社のネットワークと隔絶することができそうです。ただし、機器故障時にしか使わないにしても、配電ネットワークは必要だと思います。この
コスト負担も問題です。

初期コストをどのようにカバーするか、余剰電力の売電はどうするか、バックアップをどうするか、などなど制度設計、機器コストの問題が整理されれば、選択肢の一つにはなるのかもしれません。

2009年12月17日 (木)

FF XIII いよいよ本日発売

Ffxiii01

スクエニ、PS3「ファイナルファンタジーXIII」発売記念カウントダウンイベントを渋谷で開催

いよいよ本日ファイナルファンタジーXIIIの発売です。

渋谷では、朝6時35分からカウントダウンイベントも開催されます。一日でミリオンセラーになるという予想もあり、これを機会にPS3を買う人もいるのではないでしょうか。

我が家にももうすぐ届く予定、おそらくPS3の能力をフルに発揮するゲームのはず、楽しみです。

WSJは有料

091216_ws_184x138

WSJ日本版が正式にオープン--有料課金モデルで日本のメディアを刺激

ウォール・ストリート・ジャーナルは、有料で記事を提供します。

既にアメリカでは年間103ドルで107万人の購読者数であり、中国でも70万人を超える会員数となっています。WSJの記事、事実だけでなく園分析には価値があるということです。日本版は、翻訳費用が上乗せされるためか、1980円/月、1万6560円/年とちょっと高い料金ですが、この情報に価値を見出す人にとっては高い金額ではないと思います。日経新聞を購読するよりもはるかに安いです。

日本では、地方紙である北日本新聞が有料化に踏み切ります。独自の経済分析、細かな地方の情報といった他のメディアが持たないコンテンツがなければ、今後のメディアは生き残れず、淘汰されていくのかもしれません。

2009年12月16日 (水)

地方紙の選択

Navi_id

朝刊購読者は無料 富山の地方紙、Web新聞創刊へ

富山から有料のWeb新聞が創刊されます。

新聞紙面にはない独自コンテンツを掲載し、定期購読者には無料、それ以外のユーザーには有料で提供する計画です。全国区の情報ならばインターネット上に数多く存在しますが、地方のニッチな情報は比較的少ないため、情報の価値はありそうです。

今の新聞の購読形態が未来永劫続くことはありえません。新聞だけでなく、テレビ、雑誌もインターネットの登場によって、経営の転換を迫られています。今回実施されるような、顧客囲い込み、収益改善の取組み(本当に実現するかどうかは?)だけでなく、合従連衡などもっと根本的な変革が既存マスコミには必要なのかもしれません。

23.4km

Thumb_220_001

トヨタ自動車、プラグインハイブリッド車を2011年に一般販売へ

トヨタのプラグインハイブリッドが来年から走り始めます。

トヨタとしては初めてとなるリチウムイオン電池を搭載し、バッテリーだけで「23.4km」の走行が可能です。バッテリーが放電してしまうと、プリウスと同様、通常のハイブリッドで走行します。このため、電気自動車と比較して、充電スタンドの有無を気にせずに運転できるところがメリットになります。

23.4km(たまたま234と並んだだけなのか?)は、絶妙な数字だと思います。買い物に使う程度であれば、この程度の走行距離でおさまりそうなので、通常はバッテリーだけでも走行できそうです。充電環境を自宅に整備するのが一番の問題ですが、そこがクリアーされればヒットしそうな商品です。

2009年12月15日 (火)

グーグル自らアンドロイド

News018

Google、独自携帯「Nexus One」を2010年投入?

グーグルがついに独自の携帯電話を開発しました。

台湾のHTCが製造し、既に社内限定でテストを行っています。既存のケータイキャリアを経由せず、直接ユーザーに販売する形をとり、リリースは来年初頭だとのことです。

これまでのソフトの世界から初のハードの世界への進出です。アンドロイド端末が増えてくる中での本命の登場かもしれません。グーグルのUIは、Webの世界では秀逸ですが、はたしてハードのデザインはどのようなものになるのか、機能的にも何かプラスアルファがあるのか、次の報道が気になります。

また、この取組みがうまくいけば、ネットブック等、他のデバイスへの進出も考えられます。ますます、日本のベンダの存在感が小さくなっていくようで、外に出る取組みをもっと早くする必要があるのではないかと。。。