フォトアルバム

最近のトラックバック

リンク

他のアカウント

GREE mixi
Powered by Six Apart

« 2010年5月 | メイン

2010年6月

2010年6月 8日 (火)

「iPhone4」発表

Overviewmultitasking20100607

アップルの「iPhone 4」、日本でも6月24日発売へ--15日から予約開始

予想通り、6月7日のWWDCで「iPhone4」が発表されました。

外観は漏れていた情報どおりの少し角ばった厚さ9.3mmの薄型になっています。色はブラックとホワイトの2色ですが、アップル純正の「Bumpers for iPhone 4」をエッジにつければ6色のバリエーションを楽しめます。
ディスプレイは人間の眼の限界を超える326ppiの解像度を持つ960×640ピクセルの3.5インチIPSパネルへと大きく進化しています。カメラの画素数も500万画素へとアップ、インカメラも搭載し、ビデオチャットも可能となっています。
OSは「iOS4」へ、プロセッサは自社開発の「A4」を使っており、マルチタスク、駆動時間など基本的な機能も向上しています。

以上、魅力的な進化はしていますが、事前に実機が流出していたためか、アップル得意のサプライズはありませんでした。既に1000万台以上を生産する計画といわれている「iPhone 4」、世界を制覇する日も近いのでしょうか。。。

2010年6月 7日 (月)

Mission to Mars の練習、Mars500

Ongoing_mars500

Mars mission in a Moscow hangar is no joke, say astronauts

ロシアで興味深い実験が始まりました。火星への有人探査を模擬して、6人の男性が、外界から隔絶された空間で520日間生活するものです。生活空間は、宇宙船(かなり大きいものですが)を模擬したもので、窓もありません。外界との連絡手段はインターネットとグランドコントロールとの電話(20分の遅延を作るようです)のみに制限されます。

みんなミッションの目的を理解しているため、混乱もなく終わるとは思いますが、実際に火星探査というミッションを実施しているわけではないこと、問題が生じた場合はリタイアできるという条件の下、どこまでモチベーションを維持できるものでしょうか。自分に当てはめては、想像しにくいものがあります。

結果が出るのは1年半後ですが、結果はどうあれ、月以来、本当のスペーストラベルが行われていないので、火星探査を本当に実現して欲しいものです。

2010年6月 1日 (火)

iPad売れてます

184x138

アップル、iPadの販売台数が200万台を突破したと発表

5月28日に日本でも発売されたiPad、全世界では200万台を突破したそうです。私の周辺にも購入した人がおり、さわらせてもらいましたが、見たら欲しくなる魔力のようなものを持った製品です。


「iPad」、出荷台数で「Mac」を超える見込み--アナリスト予測

iPadは、今後、これまで発売されていない国での販売を控えており、7-9月の四半期には400万台売れるものと予想されています。これだけ売れれば(売れることが予想できていれば)、機器単価を下げることは容易です。ハード的なモデルチェンジも、数年はないでしょうし、他のメーカーにはできない戦術を立てることもできます。iPhone4Gも、9月までに1200万台製造するとのこと、まさにAppleの一人勝ちです。


コンテンツ配信「ビューン」、iPadユーザーは450円で雑誌や新聞が見放題

電子書籍リーダーとして使えるiPad、日本でのコンテンツの少なさが普及のハードルになるのでは、と言われていましたが、さすがソフトバンク、雑誌や新聞など13社31コンテンツを450円/30日で提供するサービスを開始します。この料金でコンテンツが充実していけば、iPadを使う人も増えていきそうに感じます。この料金で出版社がペイするのかが疑問ですが、スケールが大きくなればいけるのかもしれません。


コンテンツ配信サービス「ビューン」、アクセス過多で一時停止

こんなコンテンツをみんな待っていたということでしょうか。それとも単純にサーバーが弱かっただけなのか。いずれにしてもiPad盛り上がってます。

あー、だんだん欲しくなってきた。。。