フォトアルバム

最近のトラックバック

リンク

他のアカウント

GREE mixi
Powered by Six Apart

2009年12月 9日 (水)

社長が選ぶ今年の社長

Ah_syatyo

社長が選ぶ“今年の社長”、トップは2年連続でアノ人

ユニクロの「柳井正」氏、業績同様、評価されてます。

産業能率大学が従業員10人以上の社長に調査したところ、36.7%と圧倒的なの支持(2位は6.0%で「豊田章男」氏)で1位です。売れる製品ヒートテックの開発、海外への展開など、売り方のうまさが光ります。

ベスト10の内訳は、自動車4人、電器1人、通信1人、食品3人、衣料1人と、ナショナルブランドの経営者が支持されるのは、意外な気がしますが、それだけ経営の動きが目立つということだと思います。

来年、景気が良くなった時にどうなるのか、この1年でどの産業が伸びるのか、大きく顔ぶれが変わりそうには思えませんが、どうなるのでしょうか。

2009年10月18日 (日)

大学院に行く意味

News002

徒手空拳では生き残れない野良博士

国の施策によって、大学院は1991年から重視されるようになりました。

ただし、その結果は、アカデミックな仕事が増えたわけでもなく、単なる高学歴化にしかなっていないようです。今年のように景気が悪いと、就職が難しいため、さらに大学院への進学率は高くなるはずです。しかし、チャレンジングな目的を持った一部の学生以外は、就職が2年遅くなるだけに過ぎません。大学院生を優遇する採用側にも問題があるのでしょう。リンクのコラムにあるよう、無為な時間を過ごさないためにも、進学については真剣に考えるべきだと思います。

2009年10月14日 (水)

お仕事−2

Yurigahama1

今日まで、与論です。


2009年10月13日 (火)

お仕事

Photo

今日は、与論でお仕事です。

2009年10月12日 (月)

ゴールドカラー

Ah_goldkara

新たな職種層、“ゴールドカラー”の登場

ゴールドカラーとは、“自分の能力”を自由に売って働く人たち”のことです。

ブルーカラーからホワイトカラーに職種の中心が移っていったように、今度は会社に勤めるのではなく、自分の能力をもって自ら職を選ぶ働き方をする人たちが増えていくと、著者は予想しています。

この不況でも、一部にそういう人はいますし、その子供は同じ生き方を選ぶ可能性は高いと思います。これから、どんどん分化していくのかもしれません。

2009年10月 4日 (日)

高学歴でも・・・

Tnfig1

高学歴ワーキングプアとは何か

高学歴だからといって、皆が良いわけでもないようです。

文部科学省の2009年度学校基本調査速報によると、大学院の学生数は、約26万4千人です。1989年が約8万5千人なので約3倍に増えています。国の政策で増やしたそうですが、研究者の職が増えているとはききません。大学院に行くより、早く働く方が良いように思います。

博士課程の修了者についても、就職しているのは、たった64%です。なんと、行方不明が9%います。本人の問題なのか、制度がそもそもおかしいのか、どうなのでしょう。

2009年9月21日 (月)

お休み2

Sinmoe_e11

今日も霧島を歩いています。

2009年9月20日 (日)

お休み1

Pka__02

霧島を歩いています。


2009年8月13日 (木)

お休み5

Da0707230140


2009年8月12日 (水)

お休み4

Thumb